もう自分でも何やってんだかよくわかんない
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金髪で化粧が濃い奴はみんなパンダみたいで一緒に見える
正直全然可愛くない、むしろ見苦しくさえある

宮崎あおいみたいなのを目指せよ
宮崎あおいみたいなのを目指せよ

大事なことなので二回言いました
実際心から思ってる
マジでパンダはやめた方がいいよ

あと
ぶりっ子(死語?)やめろよ

ぶりっ子の
"複雑な認知行動の計画、人格の発現、適切な社会的行動の調節"を司る前頭前皮質見てみたいわ


マジきもくね!?(↑)みたいな!?(↑)

でもこういう言葉も
未来の古語辞典とかに載ってたりして

きも-い 【形・ク活】①体調が悪い(吐き気を催す等)時に使われる。
             ②気分が優れないさま。
             ③……
             …



スポンサーサイト
今タイムショック見てる

やっぱりつまらん
わざと間違えるとか不愉快
そして回答も全然面白くない
なんなの?

これを除いても
俺には合わないな

テレビ番組本当につまんねーな
今日の午後、
ちょっと興奮して

「暇を持て余した


   神々の


       遊び」


って連呼してたら
母親が知らない間に居間に居た

ガチ桜


うわぁ……



ガチ桜


ガチ桜を涙流して聞く奴なんているのかなあ?

ガチ桜(T-T)


ガチ桜

ガチ桜
ガチ桜
ガチ桜

ガチで!?
最近はまたタイピングゲームにハマっている

中でも特に「擬態語・擬音語」のタイピングは苦手だけど面白い
反復するうちに慣れていくのが自分でわかる

「ぴきぴき」だの「さわさわ」だの「ざあざあ」だの
何回も連続で同じ指を使用させられるとやっぱりうまく打ち込めない


ぴきおぴき
ぴきおいk
ぴいkぴき


さわあすぁ
さあわあs

ざああz
ざあざああ
ざあざあ
スタンス?ハッ。っていうこのオオカナダモ。
あなたたちはプリントを見てはしゃいでるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう高校生だし。
ま、あなたたちを横目で見ながら葉緑体でも千切ってますよ、気怠く。
っていうこのオオカナダモ。
バドミントンにおける主審や副審ってのは
そこまで特別な知識を必要としないから
大会に参加する以上はどちらかはほぼやる羽目になる

とりあえず俺が参加できるような大会ってのは
主審が一名と、コートの対角線上に線審が二人、ついでにカウンターめくりが一人の形式
線審は "「 " の字と " 」"の字で見る

(主審もだけど)線審はシャトルのコルクの部分がラインに
かかっているかどうかでアウトかインか判断する
コルクが少しでもラインに触れていればイン
少しも触れていなければアウト


まあ言うだけなら簡単だけど
実際これが難しい

初速ほどではないにしろスマッシュは速い



大会の決勝戦、全員が見ている最後の一戦で、
終盤(AペアvsBペア 21-22)だとしよう

22点を先取しているBペアが高速のスマッシュをサイドに打ち込む
そして判定が俺にゆだねられる
選手、主審、観戦者
会場にいるすべての人が俺の審判を待っている
アウトか、インか……
――実はよく見えなかった

腕を広げて訴えてくるAペア
「アウトでしょ!」

一方、自分達の勝利を確信して両腕を高く上げるBペア
「っっしゃあああ!」


「ィ……イン……ッ!」
やむなく俺は腕を前に突き出してスマッシュをインだと判定した

喜んでいるBペア
ザワつきはじめる会場
怒りの雄たけびを上げはじめるAペア

俺は足早にコートから立ち去り、誰にも顔を合わせないようにトイレの個室に逃げた


……って考えると寒気がする
実際、俺の代わりに入った先輩が(ここまでではないが)こういう目にあったのを見たことがある
きわどい所に、しかも速いショット打たれたら
いくら集中してても判定は難しいし、
線審が判定しきれないのに選手によく見えているわけもない

でも対立する二つのチームは互いに自分達の有利なように主張する
しかし判定は一つ
絶対どちらかからは非難を浴びなければいけない


経験の浅い俺が誰かさんと誰かさんの真剣勝負の勝ち負けを決めるなんていやだね
悪意がないなんて言っても許してくれないからね、彼らは

実際の経験

・一つ目
 始めて一ヶ月と経たない頃、まだ仲間のスマッシュも目で捉えられないレベルの俺
とりあえず先生の言うとおりしておけばいい、そう思っていた俺は、
何も知らずにコート端の椅子に座らされた「んじゃ、頼んだよ●●」
アウトか、インか、そのジェスチャーも知らず、まだコートの線さえよくわからなかった
試合が始まって少ししてから、一斉にみんなが俺の方を見たことがあった
何したらいいのかわからず俺はただ座っていたが
周囲からはなんとなく変な雰囲気がしていたのはわかった
その後も何回か同じようなことがあったが、相変わらず俺は椅子の上で硬直
試合が終わった後に、先輩から嫌味のようなことを言われて俺は線審からはずされた
嫌な気分だった


・二つ目
 もう俺が大体のルールを覚えて、スマッシュの速さに目も慣れてきた頃
大人の大会で、地元の高校生がボランティアで審判やらされた
そのときの俺のミスジャッジに対して、大人はずいぶん大人気なかった
「えぇ?ホントに?……主審さん、この子変えてもらえませんか?」
「おいおい、なんなんだよまったく……あぁ、今日俺ついてねー」
ボランティア(実際は強制)でやってんのに本当に頭にきた
 
・三つ目
 つい最近のこと。もうルールは覚えている。
しかしやっぱりきわどい判定には頭を悩ませた
結局、下した審判で同学年の経験者が激怒
その後の試合中も、俺のミスジャッジでやる気を失くしたと言わんばかりに棒立ち
今までやった中で、一番不愉快な部活だった



要するにバドミントンの線審っていうのは
進んでやりたいものじゃないってこと
たまに寝てる馬鹿野郎もいるけど、大体は真剣に見てる
そして真剣に見てても判定ミスは出てくるってこと
実際プロの試合でも審判がそういうことしちゃうのは良くある

経験の浅い俺がこんなこと言うのもアレだけど
ミスジャッジに本気で掴みかかるようじゃダメでしょ、精神的に

「あそこでとっていれば勝てた」とか思ってる人いるけど
ミスジャッジが影響して負けてしまうぐらい僅差の試合だったってことじゃないのか

さらに、それを口に出す奴はそれで言い訳になってると思ってる
「あそこでとっていれば……」とかっていう言葉(俺は否定するが)は
第三者が見ていて言うものじゃないの?


ブログだからこんなこと書けるけど、試合は俺超弱い
現実でこんだけ大口たたけるぐらい練習して強くなりたいね
自分の嫌な相手に対して、俺が下手であるが故に何も言えないのは癪に障る
俺の学校には意見箱が置いてある
生徒会が設置したもので、
その前にはA4二つ折りサイズの紙と、鉛筆が置いてある

生徒が紙に意見を書いて箱に入れた後、
その返答を生徒会が広報として配っているのである

数日前のことだ
ふと通りがかりに、意見箱の方へ目を遣ると
新しい生徒会広報が張り出されてあった

昼休みであったため、時間があるということもあり
普段はあまり内容まで目を通さない広報をじっくり眺めることにした

Q.4階に自動販売機……
A.それは現時点では……


結構有意義な広報だな、と少し感心した

それというのも
今までの(中学までの)生徒会というのは、スローガンやら目標やら、
生活に何の変化もおきることの無いただ退屈なものだったからだ


しかし
中身のあるものにまぎれて、いくつか不快な文章が含まれていたことも否定できない

Q.うはwww生徒会必死すぎワロスm9(^Д^)プギャーwwwマジパねぇッスwwwってか質問イミフ杉腹筋崩壊wwww

Q.結局、ベジータって弱いんですか?

勘違いしないでいただきたいのが、
生徒会を馬鹿にされて怒っているのではないということだ。

加えて、上記の稚拙な文章が腹立たしすぎるゆえ、もう硬い文章でかけないのでああああああああああああああうぜえええええええええええええええええええ



逮捕したら脳みその異常をチェックする役やりたい
グリップについて書こうと思っていたけどやめた


やめたきっかけはマインスイーパです。
火のない所にケムール人
雪が降った
結構積もった

外に出た
「美しいなぁ……雪の町は」
みたいな感じで斜め上をみて歩いてたら
普通にコケた

重装備の小学生に指差された笑われた

そのあと
誰も見ていないのを確認してから
こっそり家に帰った


僕は思った

よし、ゲームをしよう


マインスイーパ
尾崎豊のアルバム買ったよ


順子のヨールウゥゥ
はいっ
進研模試が返ってきましたよ

それだけ




ところで、更新していないにもかかわらず
アクセス数がいつもより多いのは何故?

更新しても回数が変わらない種のカウンタにしてるんで
単純に訪問者数が増えたってことですよね?

もしや……友達にバレたか?

















とか思いますよね
髪を切った(ってもらった?)

前髪は短く軽く

襟足とモミアゲはほぼノータッチで
耳の後ろとトップも結構短く軽く、

結果、毛のウネりが目立つ

縮毛矯正かけてから2ヶ月間アイロンしてこなかったが
最近、かけようかかけまいか、悩ましいことよ

あと1ヶ月したら再び縮毛矯正かけてもらうつもり
そのときにいい仕上がりにするためにアイロンを避ける
(反面一ヶ月間はウネウネ状態)

……のか

一ヶ月のウネウネを防ぐためにアイロンをして
縮毛矯正のダメージ面について多少妥協するのか


フォグバーでがんばってみるか
今日は午前授業だったので、午後は存分に遊んだ

その帰りのこと

少々強く雪が降っていた


寒かったので段々と皮膚の感覚が失われていって
むき出しの顔は凍りついたようになった

唇に液体が垂れてきて、味もわからない
自分の顔についている液体の正体がわからない
……
続きを読む
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ミニチュ&アダックスフンド all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。